« スキンローションの効果を引き出す使い方 | メイン | カテゴリ一覧(アイテム別) »

2011年7月11日 (月)

ミルクローションの効果的な使い方


ミルクローションの効果的な使い方

化粧水で補った水分を蒸発させないために、乳液やクリームで薄めのベールをかけることがうるおいを長続きさせるためにとても重要。

日中べたつきが気になる方はお化粧前に行う朝のお手入れと、夜のお手入れを変えることでしっかりうるおいをキープしましょう。



朝のお手入れ

朝のお手入れは、化粧くずれを防ぐために薄く均等につけるのがコツ。
乳液やクリームを適量より少し少なめに取り、両手のひらになじませるように広げます。
最初に両頬と目もと、その後に額とあごを、軽く押さえるようになじませましょう。


◆特に化粧崩れしやすい方は……

乳液をコットンにつけると、手でつけるよりも薄く均等につけられます。
お顔の中心から外側に向かうように手を動かしましょう。



夜のお手入れ

夜のお手入れは、お肌の状態に合わせて適量を使用しましょう。
両ほほ、額、鼻の頭、あごの5点に乳液をのせて、お顔の中心から外側に向かうようになじませます。


◆特にお肌の乾燥を感じる方は……

お肌の状態にあわせて、乾燥の気になる部分に重ねづけしたり、「ノエビア99 クリームM」を使用するのもおすすめ。
クリームを重ねることで、うるおいの持続力がUPします。



-----------------------------------------------


乳液 (ミルクローション)


-----------------------------------------------


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.noevirstyle.jp/t/trackback/667705/32413939

ミルクローションの効果的な使い方を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿